小林  亮祐

船の寿命は約30年と長く使用されるため、就航中に機器が故障したり、メンテナンスが必要になったりと様々なことが生じます。私たちの営業はは単に製品を売るだけではありません。必要な部品をいかに早く調達し、技師を派遣して完了させ、無事に就航させるかだと思っています。幸いにも私たちにはグローバルなネットワークがあり、様々な拠点で対応可能となっています。

私たちの仕事は船を介して世界と繋がっており、自分の携わったことが、日本や日本以外の国の経済を支えているのだと自負しています。販売するのは小さな部品であることもありますが、それがないだけで大きな問題に発展することもあり、一つ一つが大きな役目を果たしています。自分もこのパーツと同じように、お客様にとっても、会社にとっても欠けてはならない存在でありたいと感じています。